2017年8月20日日曜日

誠実で端正な硝子


尾山台の「手しごと」で秋田「星耕硝子」伊藤嘉輝さんの吹き硝子展が始まっています。


お店のスタッフ山藤さんが伊藤さんにオーダーした特注品のひとつ、蓋つきの保存瓶をBLOGで目にしてたまらず初日に訪ねたくなりました。ピタッと(少し空気が入る余地がある)閉まる蓋、平穏無事なかたち。使うことを熟慮した硝子製品。伊藤さんの誠実で端正な仕事が現れています。吹き硝子でこの精度を実現するのに大変な苦労と根気と情熱と高い技術を要したでしょうが、伊藤さんは「今までやったことのない新しいものを作れる機会」と前向きにとらえ、楽しみながら山藤さんの要望に応えている。その人柄、仕事への姿勢に魅せられます。お二人に会えて良かった! 今回の展示で僕が惹かれたのは、特注保存瓶のうちプレーンで透明な写真右端と、盛岡「光原社」にあった倉敷硝子・小谷真三さんのアトリエで分けてもらったという青と赤の硝子を素材に用いた2つの瓶でした。


すべて一人で制作している伊藤さん。一人では不可能なピッチャーのハンドル付けも、諦めず繰り返し作業を続けることで可能になったそうです。


この日は伊藤さんの制作にまつわるお話をじっくり聴けました。内容を再確認し、印象に残った言葉と感想を、お話の会を主催した手仕事フォーラム(許可がいただけたら)の公式BLOGなどで後ほどご紹介できればと考えています。


色のこと、素材のこと、製法のこと、仕事への心構えのこと。まずは1時間半近くに及ぶお話のテキスト起こしから始めなくちゃ! 例えば、この緑色。緑の再生硝子を用いず、茶色の硝子からこの色が生まれるなんてまるで火の魔法。「へぇー、へぇー」を連発して夢中に聞き入っていました。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4




2017年8月19日土曜日

vacation


電車も町も空き、お盆の東京で働く快適さを知った今夏。もうこの時期に夏休みを設定する気にはならないだろう。涼しさも手伝い、すこぶる仕事がはかどった世間の連休。夏の高揚も海辺の喧騒もひと段落する、お盆後にくつろぐのが正解と悟る。とはいえ、休みの初日から仕事と個人の嗜好が混然となって始まる。今日は旅行社のBLOG記事制作のため、世田谷区にある工藝店、松浦弥太郎さん曰く「世界一のセレクトショップ」を取材。最近、腕のよい工人に特注依頼しているオリジナル工藝品がとみに素晴らしいのだ。頼んでいる人と頼まれている秋田の吹きガラス職人に会うのが楽しみ。また、休みの間に形にしようと目指しているチベット工藝品のZINE作りも私的な遊びとも言えるし、いずれは仕事や佳き出会いに繋がるかもしれない。後半に控える盛岡の旅も、多くの人の前でお話しする、緊張感を伴う特別な機会だ。私ごとと仕事が一体の休日を精一杯愉しむのだ。

SIGMA DP3 MERRILL  f/2.8

2017年8月18日金曜日

MUJI


夏の旅に向けて有楽町のMUJIで2つの容器を買う。アジアやヨーロッパの観光客で賑わう店内。フロアの占有率は日本人を越えているのではないかと思えるほどグローバルな売り場。国境が曖昧になる、あの空間で買い物をする行為に僕はバーチャルなトリップ感を感じる。MUJIの会長によれば、どこの国でも同じ品ぞろえを徹底しているのだという。だから自国にもMUJIがある人はふだん愛用する物を旅先でも日常的な感覚で求め、補える。国ごとの限定品をあえて設けない。世界共通。そこに MUJIの深い思慮がある。このなにげない日用品を夜、家に帰って撮りflickrにアップロードしたら、オーストリアのプロモデルの女性が「 fave(お気に入り)」と意思表示してくれた。なんの変哲もない商品、写真に心が動く人がいる。なんの変哲もないことをたいせつにしていこうと教えてくれる。

今のところflickr は写真を保存しているためだけに活用しているけれど、いずれは撮影場所と簡単なキャプションなど、日本を旅する異国の人のための案内になるような情報も盛りこんでいきたい。

LEICA M-E , MACRO ELMAR90mm  f/4




2017年8月17日木曜日

Magic Keyboard


お盆中に締切に追われるという残念な状況を、気分だけは前向きな好転させようと appleの魔法に頼る。仕事場のPC環境は無粋なデルの製品。そこで、記事を編み、書くうえで重要になるマウスとキーボードは、appleの第1世代『マジックマウス』とUS配列の『マジックキーボード』に替える。これらをWindows PCで使えるようにするためにネットであれこれ情報を探り、次々に起こる障害を乗り越えて安堵。無事、appleのライティングツールを完璧に機能させ、想定の半分に制作時間を短縮する神がかり的な集中力で目標を完遂できた。僕は理数系の男ではなく機械にも弱いのに、PC上で生じるトラブルは解決の糸口を見出していくことに自虐的な悦びと愉しみを覚える。プログラムの不具合など深層まで下りていける。かつて伝説的テクニカルライターとデジタルカメラの普及活動をともにしていた経験が背景にあるのかもしれない。苦く大変な経験はあとで役立つものだなぁと思う。たいせつなのは諦めないこと。そして、うまくいかないときはいちど気持ちをリセットし、不具合の理由に想像力をクールに働かせること。

*自身のための備忘録
●バッファローBluetooth4.0USBマイクロアダプタ附属の接続アプリをダウンロードしないこと。
●appleのBoot Camp Support Software 4.0.4326は要ダウンロード
●有料のApplePro for 10 32bitダウンロードするべし

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4

2017年8月16日水曜日

雨のお盆


雨が降っては止むお盆の東京。気温もグッと下がり、働くには都合がいい。幸運を悦び、神保町で打ち合わせした帰りに丸の内を歩く。風格あるビルディングと街路樹、瀟洒なブランドショップ。仲通りには独特の風情と異国感があって気分がアガる。陶然と有楽町に向かい、ル・コルビュジェ設計の、セーヌ川に浮かぶ避難船『アジール・フロッタン』再生プロジェクト展を観に行く。無料公開とは思えぬ内容。アンケートに答えれば、ホンマタカシさん撮影の写真も載る冊子をもらえる。スポンサーのカッシーナ・イクスシーが貸し出すLC3に腰掛け、大きなモニターで映像を鑑賞できるのにも心浮かれる。ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンがデザインしたLC3。腰を深く沈めれば安楽と快楽に溺れてしまいそう。モニターへの映像転送に用いた「mac mini 」の佇まいにも惹かれる。デザインの美しいプロダクトをあんなふうに置いたら、場に特別な雰囲気がもたらせるのか。こういう展示のディテイルに僕はときめきと、憧れと、夢を抱く。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4


2017年8月15日火曜日

宝物


連休中日は旅する骨董商kihachiさんの自宅で物撮り&聴き取り三昧。たいせつにしているチベットやインド・ラダックなどの美しく味わい深い工藝品を見せてもらい、写真におさめる。100年以上前のものばかり。なかには300年級のものも。チベットとその文化圏のものに惹かれる言葉もすくい採れた気がする。物好きにはじつに至福の時間でした。来週以降の夏休み中に、これらの宝物を紙にレイアウトするところまで進みたいな。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4


2017年8月14日月曜日

モバイル現像



夏休み前、にわかに忙しくなり、連夜遅くまで机に向かう。ゴールが見え、安堵の解放感に包まれ佃島に泊まる。


橋を渡った一丁目が江戸時代から続く本物の佃島。


昭和初期の家屋がならぶ路地を抜け、月島のモスバーガーへ。


最近、モスバーガーもSUICAでの支払いに対応するようになった。これで島泊まりの日の遅い夕食にも困らない。この店舗向かいのジョナサン、近くのマクドナルドもSUICA払いが可能で、イートインの選択肢が周辺では3つに。外食天国・台北に比べ、交通系カードの飲食店での使用はとても限られている日本だけど、モスの新体制はともかくありがたい。


デジカメのSDカードをPCに読みこむカードリーダーを葉山に忘れてきてしまったので、東芝の無線LAN(Wi-Fi)搭載SDカード「FlashAir」でiPhoneにRAW画像を転送。アドビの無料アプリ「Lightroom for iPhone」で現像し、iPhone有料アプリ「Blog Touch Pro」でBLOGをアップ。この一連の流れをiPhoneでできてしまう。東芝の転送用アプリは多くの人がレビューを寄せているように突然落ちるし、カメラ側のバッテリー消耗も激しい。東芝の経営状況と同様に不安定さは心もとないし、あくまで緊急時に使用は限られるけれど、今後はPCなしでどこでもRAW画像の現像とBLOG更新ができる体制になった。未来に足を踏み入れたような諸々の進化にモス店内で一人感動する。

屋外では、その場に行き交う他のWi-Fiの干渉を受けるようで、転送はたびたびスタックする。それでもカフェや電車の中でたくさんのRAWデータをカメラからiPhoneに無線で移す行為にはスパイ映画の場面を連想させるスリリング感があり、マニアックで愉しい。ライカM-EはSDカードを挿す底の部分が真鍮製カバーで覆われているけれど、蓋を被せたままFlashAirで転送できました。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. F/1.4