2016年12月10日土曜日

TWEMCO風アプリ


20年以上、使っているTWEMCOのフリップ時計。ドイツ製クオーツ・ムーブメントは耐久性抜群で正確無比に時を刻む。けれどデジタル時計特有の無機質な冷たさはなくて、時分の数字がパタパタとめくれる音と風情がなんとものんびりしている。気温や湿度など余計な情報がないのもお気に入り。視覚効果を熟慮し、ここまで割りきった製品、意外と少ないんですよね。呑気な雰囲気だけど、仕事はできる。しかも長持ち。いろんなグッドデザインの壁掛け、目覚まし時計が数年で動かなくなり、残ったのはこれひとつ。信頼に値する時計だと思います。朝起きて、パッと時刻を確認したい寝室に置いているのですが、もう1台リビングにも欲しくなりました。



とはいえ、優れた性能とデザインへの対価はお安くはなく、日本メーカーのチープで、余計な機能てんこもりの時計も検索。しかし、基本構造が使い捨ての貧弱なものばかりで、たぶん数年で壊れてしまいそうと、購入意欲が萎えました。それで、気持ちを切り替え、スマフォをTWEMCO風の時計にするアプリFliqloをダウンロード。リビングでは、iPhoneを時計がわりに利用することにしました。




なかなかの優れもので、iPhoneを縦置きにすると、表示も縦表示にくるりと変わる。数字も大きく、擬似的にめくれる様子もTWEMCOそっくり。感心して、Macbook Airのスクリーンセーバーとしても活用しています(Mac OS版もあり)。しいて難をあげれば、このアプリを起動中はバッテリーの消耗が早いこと。家の時計として長時間使うのなら、充電コードをつなげた方がよいかもしれません。

LEICA M-E , MACRO ELMAR90mm / f4


2016年12月9日金曜日

古書店のとなり



11月中旬から1カ月かけて、鎌倉の古書店「ウサギノフクシュウ」に愛蔵本を週末ごとに持ちこむ。店主オグリさんは一冊一冊、ていねいに観てくださるから、冊数が多いときは、それなりに査定時間を要します。毎回、11時半の開店を目指して訪ねているから、おのずとお昼ご飯を食べながら、待つことに。お店はいくつかの選択肢があるのですが、となりの「sahan」の混みぐあいをまず確認することが多いかな。タイミングよければ、ここで鎌倉駅のホームをのぞむ窓辺の席につきます。



オグリさんの本に向けるまなざしと同じく、女性店主の食への深い愛情を感じる、きちんとした料理。ひとつひとつの皿や椀、碗をいとおしむように、箸とスプーンをのばします。なごやかで、凛としている。食のたいせつを思い起こすひととき。平穏さに包まれ、感謝の気持ちが湧きます。こういう心を深く充たすランチに東京では、なかなか出合えないのは、どうしてなのだろう。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. / f4




2016年12月8日木曜日

秋谷の悦楽



秋谷のひっそり食堂「Tipi」のテイクアウトが美味すぎる件。店主タミちゃんのつくる、ていねいな料理が心と身体に沁みるぅ。いまは週末のみの不定期営業だから、開いているか、スロージョギングしながら毎週末、確認しています。先日は大好物の春巻き。歴代マイベストは、妻の母がつくる創作春巻きでしたが、そのおいしさを超えたかもしれない。いやはや、うまかっちゃーん


Tipiから10分ほどゆっくり走れば、三浦半島の秘境、子安の里。木陰の道でばったり、ジャン・レノそっくりな旧知のスキューバダイビング仲間と再会。腰痛の苦労話で盛り上がったあと、水辺の気持ちいいルートを教えてもらう。関根川の親水・遊歩道。2年間この川近くをジョギングしていたのに、存在に気づかなかった。


距離は短いけれど、秋谷の前田川遊歩道をコンパクトに凝縮した雰囲気、景色。


プチ滝と澄んだ水に安らぐー。これから毎週末、ここを目指そう。
食と自然。なんか、恵まれたところに暮らしているなぁとしみじみ。

LEICA M-E , MACRO ELMAR90mm / f4
SIGMA DP3 MERRILL






2016年12月7日水曜日

鎌倉の製麺所


11月後半から毎週末、蔵書を背負って鎌倉の古書店通い(上は少量の場合)。行きは電車、帰りは歩いて逗子まで帰るので、お腹が空きます。そこで途中、鎌倉大町の邦栄堂製麺所に寄り、塩ラーメン用の細麺4玉と餃子の皮・大(50枚)を購入。鎌倉の名店「ひら乃」もここの麺を使っている。




2玉ずつ入れると、漫画みたいな特盛状態に。葉山の旭屋牛肉店で焼豚も買って、もやしと半熟卵とともに投入。ふぅ、おなかいっぱい。付いてくるスープの量と茹で方を誤ったので、これはリベンジ。基本的な調理を理解できていないのに、とりえずトライしてしまうから、いつもエラーばかり。


餃子の皮は焼き餃子名人の妻によれば、スーパーなどが扱う市販品よりも具材を包みやすい形状だとか。とてももちもちしていて、街の中華料理店では口にできない食感。おいしいなぁ。麺も皮も、良心的な価格なので、気軽に買える。今週末も寄っちゃおうかな。鎌倉で麺を手に入れるための、行動計画と流れを考えよう。

LEICA M-E , MACRO ELMAR90mm / f4


2016年12月6日火曜日

電子レンジ・オーヴンで使える民藝


ぼくの知る限り、電子レンジでもオーヴンでも(安心して)使える、はじめての民藝の器。鎌倉「もやい工藝」のスタッフが実際に試して太鼓判を押されたので、たまらず欲しくなりました。伊賀丸柱、カネダイ4代目、大矢正人さんのアイデアで生まれた、現代の用にフィットする、おひつ。耐熱性を上げるために南アフリカの鉱物、ペタライトを陶土に混入させる製品が多いなか、これは純粋に伊賀の陶土のみでつくられたのだそう。土の特質である、やわらかい白が活かされています。白色にまず惹かれましたが、自分はご飯を電子レンジで温めるほか、チーズケーキをこれで焼いてみたいと考えたので、ケーキとの相性から飴色を選択。しかし、今でも白への未練を抱えています(笑)。


スタッフのOさんは日常的にケーキづくりを愉しまれている方。生クリームを用いず、マスカルポーネチーズを使うレシピを伺い、惹かれ、真似することにしました。Oさんはぼくが購入したのと同じ、飴色の2合サイズを愛用されています。そのおひつでチーズケーキをつくるための基本レシピは・・・

[材料]
クリームチーズ220g、サワークリーム70g、マスカルポーネ100g、グラニュー糖75g、
バニラビーンズ1/3本分(さやからしごき出す)、卵2個、コーンスターチ10g

*Oさんは上記よりもクリームチーズ少し少なめ、サワークリーム多め、
バニラビーンズ多めにアレンジ。グラニュー糖の方が簡単に混ざるので使用しているそうです

[手順]
1.室温に戻して置いたクリームチーズにサワークリーム、マスカルポーネを入れて混ぜる。
2.グラニュー糖、バニラビーンズを入れて混ぜる。
3.よく混ざったら、ときほぐした卵を2回くらいに分けて入れ混ぜる。
4.コーンスターチをふるい入れて混ぜる。
5.型に入れ170℃、40分位の湯せんで焼く。
6.粗熱が取れたら、おひつの蓋をして冷蔵庫でよく冷やす。

*おひつの蓋は冷めたご飯を電子レンジで温めるときにはかぶせますが、オーヴンで焼くときはかぶせません。
またぼくは、160℃で75分で焼き、湯せんはしませんでした。
Oさんいわく、チーズはメーカーにより、味が違うので、
メーカーごとに違う味に仕上がるとか。そう、楽しげに言うOさんの熱情がまたいい!



じゃーん! ぼくも上手にできました。型で焼くよりもふっくら仕上がるというOさんの言葉通り。伊賀の土の作用でしょう。粗熱がとれたら、蓋を閉めて、そのまま冷蔵庫に仕舞えるのが便利。蓋を閉めると保温性、保温力が高いのも、伊賀丸柱の佳さ。



マスカルポーネの風味がじつに洒落ていて、またもや気絶しそうな旨さ! 年末年始も、じゃんじゃんつくっちゃおう。新年の実家めぐりで持参しても悦ばれるかも、と心躍ります。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. / f1.4
MACRO ELMAR90mm / f4

2016年12月5日月曜日

泡盛のコーヒー酒


海洋研究者であり、沖縄へはサンゴ調査で通っている、親友ヤマキさん。彼のfacebookに、泡盛でコーヒー酒をつくるという投稿があり、真似。彼がウガンダのコーヒー豆を深煎りで自家焙煎したものを分けてもらい、泡盛に漬ける。


泡盛は安いのでよいとのこと。銀座わしたショップで久米仙の1,800ml紙パックを買いました。この銘柄は葉山のスーパーが三合瓶600ml商品を扱う。おいしかったら、継続して手軽に入手でき、造り続けられる。600mlに対して、深煎り豆150gが適当。漬ける時間は浮いた豆がほぼ沈む4日間とのこと。すぐに酒にコーヒーの滋味が移るのがいい(笑)。おいしさの真理を科学的に、冷静に探求していく彼の姿勢を心からリスペクトしています。


ぐい呑は島根県・湯町窯のもの。もやい工藝あったか展で一目惚れ。オレンジと茶色が混じるガレナ釉の色合いがモダンで瀟洒。この窯の陶工・福間さんがぐい呑も手がけていたなんて知らなかった。酒と器の色がよく合い、目にも至福。酔いが進みます。アルコール度数は30度。泡盛のクセをコーヒーの香りが和らげてくれて、すいすい呑める。快楽的で、ちょっと危険なリキュール。

LEICA M-E , MACRO ELMAR90mm / f4

2016年12月4日日曜日

新橋の台湾


平日、新橋は逗子からの電車で降り立つ最初の東京。駅直結のビルに入る、この店の真下を週5日は5年前から往来している。しかし、店の扉を開けたのはつい先日。遅ればせながら、名物のビーフンと中華ちまきをいただきました。風味も、空気も台北の繁盛食堂と瓜二つ。昼のランチもいいけれど、夜の台湾料理もビール飲みながら、いろいろ味わいたい。何しろ、店を出て階段を降りれば、もう駅の改札。ほろ酔いの至福を年内にぜひ!

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. /f1.4