2018年1月18日木曜日

MR.SHOJI SATOの展示


1月20日(土曜)まで開催中の「第5回葉山一色海岸アート展」。当番で会場に立ちながら、いつも感服するのは写真家・佐藤正治さんの作品と展示手法。穏やかで静けさをたたえる葉山の風景写真。これがじつに心に沁み入ってくるのです。じわじわと味わいを増していくような、普遍的な美しさを独自の感性でとらえている。佐藤さんの写真を観るたびに、職業写真家の凄味を思い知らされます。作品の光と影、色はきわめて自然でいて、日常的でありながら、それを写し取ろうとするのは、なかなか難しいのです。


そして、創意工夫を凝らした展示にも唸らされます。上は会場でお配りした缶バッジのモチーフとなった写真。伝えんとする意図が明確に、表現されています。佐藤さんはモチーフを選ぶにあたり、バッジの実寸に写真をプリントしてテストをしたそうです。全部で24種あったバッジのうち、佐藤さんのものが最初に配布分がなくなったのは、そんな準備、配慮があったからでしょう。限られた条件に応じつつ、最大限の工夫を怠らない。観る人への真摯で誠実なプロフェッショナルの姿勢に、深く感銘しました。ちなみに僕が用意したバッジはまだ残っています(笑)。プロとアマの大きな違いを痛感し、同時に自身の思慮の足りなさを反省。次に機会があったら、活かさなくては!


4月はじまりの、佐藤さんの葉山カレンダー。これがまた素晴らしいのです。毎日眺めて飽きない写真とは何か。たくさんのヒントもちりばめられている秀作。僕はこれから1年眺めて学びとろうと思っています。

LEICA M-E , MACRO-ELMAR90mm




2018年1月17日水曜日

ロイヤル・パークで当番


昨日は休みをいただいて、葉山しおさい博物館でこんどの土曜日まで開催中の「葉山一色海岸アート展」の会場に立つ。最後の当番。


平日は来場者が少ないと予想したが、春の陽気に誘われたのか、年輩の観光客で賑わい、対応で高密度な時間を過ごせた。終盤に町内の知人も顔を出してくれて嬉しかった。


御用邸の一部だった敷地。明治天皇はこの地で崩御された。職人が手入れする庭園は、松をはじめ豊かな緑が生む深い陰影が美しい。天皇が心やすめた景色を愛でる贅沢をここでは堪能できる。池を中心に巧みに配された植物。どこを撮っても絵になりそうに感じるが、光と影のコントラストがあまりにも高く、案外、切り撮るにはセンスが求められる。今の僕にはとても手におえない。美を感得する力をもっともっと高めなければと思う。


今年もお役目を終え、安堵。家に戻ってすぐに、博物館前のビーチを犬と散歩。日没後の空と海は茜色に染まっていた。

LEICA M-E , MACRO-ELMAR90mm


2018年1月16日火曜日

外苑西通り



青山での打ち合わせの流れで、旧知のデザイナー事務所に顔を出し、OPA SHOPに寄る。「日本の郷土玩具」展初日に買い逃した福島・三春張り子の腰高虎を入手。銀座「とらや」の張り子が導いた縁。虎は大陸伝来のモチーフ。今年は台北取材のさいに、中国の虎文化をリサーチしようと思う。


満ち足りて神宮前から取材先の四谷・坂町まで外苑西通りを歩く。住宅の外構が佳い。


旧国立競技場のモダンな外壁がまだ残っている。保存してほしい東京の文化遺産。


人通りの少ないアベニュー脇、日向でなごむ猫。


新宿御苑、内藤町側の大木。東京の風景も捨てたもんじゃないと思わせる散歩ルート。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.

2018年1月15日月曜日

光のなかを泳ぐ


先週末は、葉山しおさい博物館での「葉山一色海岸アート展」の当番。家からこみちづたいに会場に向かう。美しい陰影を観ながら気持ちを昂らせていく。


宮内庁が管理、葉山町が保全する松林の陰影。光景の劇的ぶりは葉山随一。


館内からは県道沿いの電線がほぼ視界に入らない。この開放感ある風景を眺め、キース・ジャレットのピアノジャズを聴きながら半日過ごす贅沢。以下は展示内容について僕が書いた文章をフランス語訳したもの。展示メンバーのひとり、ジュエリー作家「ななかずら」松下紀美子さんが知人に依頼したのだそう。



Isshiki Hayama, une ville qui est proche de la mer et des collines. Des ombres créées par la lumières douche du soleil et des collines. Des artistes qui vivent au cœur de cette belle nature exposent leurs œuvres.
Profitez de ces création intimes. nées sous l’air particulier de la côte d’Isshiki Hayama et baignées dans sa lumière


こみちを「歩く」ではなく「泳ぐ」という表現がまさにエスプリ。こみちを照らす繊細な光と影の景色のなかを「泳ぐ」気分で、いつもゆるりとさまよっている。その心の状態を的確に美しく表しているから感激してしまった。


の2日間も佳い出会いがあった。このブログにきてくださっている方からのメッセージにはとても励まされる。また、初めてお会いできた、柴又から来られた夫妻とは、今後も親睦を深められそう。柴又との不思議な縁、昨年から続いている。自分の幸運を想い、いったん家に戻り、しおさい博物館前のビーチを散歩。完璧な夕景で一日を締めくくれた。僕は明日1月16日の12時半~16時半も会場に立ちます。まだ見ぬ人との交流が楽しみ。

LEICA M-E , SUPER WIDE-HELIAR15mm




2018年1月14日日曜日

和菓子で祝う


1月12日は僕の誕生日&結婚記念日。その祝いに甘いものを銀座で買って帰る。僕も妻も洋菓子より、和菓子に惹かれるようになりつつある。年齢の作用か。


「とらや」で三春張り子を見せてもらい、好物の羊羹『夜の梅』、『おもかげ』を選ぶ。


そして、取り置きの『まる犬』も。この抽象的なかたちの洗練はさすが。記念に、青山の「日本の郷土玩具」展で買った、ちょっと古い山形・相良人形とともに撮る。展示企画者の佐々木一澄さんによれば、この戌は、京都の伏見人形にルーツがさかのぼるという。


せっかくの祝いの日なのでお茶も奮発。呑みたかった極上の玉露を丸の内「一保堂茶舗」で求める。濃厚な『甘露』という茶葉。1煎目のとろりとした味わいに心酔。至福の夜。

LEICA M-E , MACRO-ELMAR90mm




2018年1月13日土曜日

めでたい青山


阪急交通社の旅ブログでレポートした「日本の郷土玩具」展。初日に足を運びました。


場所は青山の「OPAショップ」。今年は出遅れて昼過ぎに到着。


イラストレーター佐々木さんが選んだ、愛らしくもファンシーではない郷土玩具が並ぶ。


コレクターに託された、ちょっと古い郷土玩具に、佐々木さんのコレクションも混じる。お目当のものも残っていて、2つ迷いなく手に取った。


隣のギャラリーでは、佐々木さんのイラストをはじめ、達磨をテーマにしたイラスト作品が展示されている。

じつはこの日、迷いなくといいつつも、1つ買えないものがあった。それが残っているかは運しだいだが、またショップを再訪することになるだろう。煩悩に心高ぶることを再認識でき、同時にそんな自分を悦ばしく思えるのが、この年初のおめでたい展示なのだ。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.




2018年1月12日金曜日

一色の中性色


葉山一色界隈には、道端に常緑の植物が真冬も茂る。緑色は暖色でも寒色でもない、中性色と定義されるらしいけれど、この色から元気をもらえるから「元気色」と讃えたい。


南西からの潮風を浴びても枯れず、極度の乾燥に講じて厚い葉の内部に水分を蓄えるタフな植物たち。生垣として植えられている景色をあちこちで目にする。


県立近代美術館、しおさい公園まわりの松。その凛々しさに背筋が伸びる。


うちの前に植えた月桃。沖縄以南の植物なのに寒さにめげず、鮮やかな緑色を保ちながら、この真冬にいっそうと勢力を伸ばしている。植物はたくましい。


地域の緑に活力をもらって、暖かな土間に還る。太田 潤さんが吹いたモスグリーンのシェイドを少し下げて、漆喰壁により広く緑が映るようにアレンジした。本来の自分なら乳白や透明のシェイドを選ぶところだが、迷わずこの深みある色合いにしてよかった! 潤さんの吹きガラスは冬も心をじんわりと温めてくれる。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.
MACRO-ELMAR90mm