2017年12月16日土曜日

蔵前散歩


蔵前から歩いて寿へ、浅草に近い台東区エリアの散歩。都内でもっとも自営業者の住民が多い区。路地端の商家の佇まいにとても惹かれる。


一見地味な建物に入るオーソドックスな喫茶店にはモトグッヂのオールドモデルが停まる。たぶん店主の愛車だろう。ハイカラな趣向を伺わせつつ、お洒落過ぎない、格好つけすぎないのが、浅草周辺の住民がよしとする粋、気質。


向かったのは寿4丁目の「パンのペリカン」。個人的に日本一好きな食パンを買い、4代目店主・渡辺 陸さんに取材に応じてもらう。ずっと憧れていた店。久々に緊張する。その想いを口にしたら「うちはただのパン屋です。緊張なんて、よしてくださいよ。でも嬉しいです。(今のペリカンのスタイルを確立した2代目の)祖父や家族に伝えたいです」と陸さん。そんなセリフがさらりと出てくることに、またジーンと深い感銘を受ける。


「パンのペリカン」に続いて、寿3丁目のオフィシャルカフェ「ペリカンカフェ」も取材。今年8月末のオープン。噂に聞いていたけれど、ようやく訪問を果たした。「パンのペリカン」とは違う、このロゴもかわいい。ポップだけどファンシーじゃない。そのあんばいがたいせつなのだ。大きなガラス窓にシェフが乗るオレンジのハーレー・ダヴィッドソンが映る景色が佳い。何もかも抑制が効いた洒落心、センスがじつに心憎いのだ。

この取材記事は今月末に阪急交通社の旅blog「たびこふれ」で公開します。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4


2017年12月15日金曜日

月曜のとんかつ


週の始まりの夜に、新宿南口「タカシマヤ タイムズスクエア」のレストランパークで妻と待ち合わせ。


このフロアに入る「かつくら」で極上豚肉のとんかつをいただく。久しぶりにおいしいとんかつ。年甲斐もなく、麦ごはんを何杯もおかわりして、くたくたになった身体と心を幸せで充たす。気が重くなりがちな月曜に、パワーチャージ。これで時が走る日々を滑らかに乗りきっていくのだ。このデパートは湘南新宿ラインのホームが至近のJR改札とつながっていて、逗子まで直行。この快適な流れがあるから新宿は大好きな街なのだ。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.



2017年12月14日木曜日

葉山一色海岸アート展


年明けに葉山しおさい公園の博物館で催される「第5回葉山一色海岸アート展」に参加することになりました。


ぼくの展示テーマは「続・犬とあるく」。前回に引き続き、うちの柴犬と週末散歩しているビーチやこみちの光景写真を、長めのキャプションを添えて展示します。


会期は1月7日~20日、8:30~16:30。1月9日と15日はお休み。来場者には出展アーティストの作品によるオリジナル缶バッジ24種のなかから、ひとつ差し上げます。公園の入場料300円をお支払いただく必要がありますが、博物館での展示観賞は無料です。


うちの犬は夏前から老化が進み、一緒に歩ける範囲はぐーんと狭まってしまいました(笑)。なので、展示写真に登場する風景はしおさい博物館まわりのごく限られたエリアなのため、来場者の皆さんが会場を出て、ぶらりと気軽に歩けて、一色海岸界隈特有の、冬の光の温かさ、劇的な陰影をより体感⇒追体験しやすくなると思います。その散歩のための情報を簡単に会場でお伝えしたいと考えています。


来場にベストの時間帯は午前中の11時ぐらいまでと、14時以降。そのあたりですと、近辺にさす光が斜めからとなり、陰影がより深く目に映るはずです。もちろん、晴れた日を選ばれることをお勧めします。


僕が会場に立つのは、目の前のビーチで恒例行事・どんと焼きが行われる13日午前中(11時からは版画家・安藤真司さんによる銅版画の刷り実演も披露されます)と、14日の午後、最終日20日の午前中となります。


なるべくライブ感がある光景をご紹介したくて撮影継続中。澄んだ光の美しさをとらえられるポジフィルムをハッセルブラッドにセットし、今月末まで犬と写真散歩を続けます。


葉山在住の新たなアーティストが2名参加する今回。今まで以上に充実した展示となりそうです。お楽しみに!

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4


2017年12月13日水曜日

葉山一色散歩


冬の光は葉山一色界隈を明るく照らしつつ、深い陰影をもたらし、景色が劇的になる。散歩していていちばん気持のよい季節。この町に暮らしてよかったと心から実感する。


「THE FIVE BEANS」で佳い物を観たあとは、御用邸前から家まで海沿いの道を歩いて帰る。途中、目に留まるものや陰影にいちいち感応し、スナップしたくなる。


オレンジや濃緑、赤の暖色、貝殻、松の影。この界隈らしいものに改めて惹かれる。






「カノムパン」の店前にあった芭蕉。僕の家の前で大きな葉をまだ茂らせている。連日、海から吹く南西風に揺れながら、枯れずにこのまま年を越しそうだ。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH. f/1.4


2017年12月12日火曜日

ストーヴ暖議


町内の古物商・Oさんに「THE FIVE BEANS」のギャラリー「セントロ」でアラジンやパーフェクションの古い灯油ストーヴを見せてもらう。


左は実家でも使っていたアラジン初期型。ほかにも豊富にヴィンテージ・ストーヴをストックし、フルメンテナンスして納品するOさん。その体制・姿勢をリスペクトしている。


使いこなしにコツが要るが、現行品より細部のパーツは断然に味わい深い。


Oさんはストーヴの修繕にも応じてくれる。年代別のパーツの知識も豊富だ。こんな人が身近にいることが嬉しい。


なんて佳い色なのだろう。ブルーグレイのバーラーを囲み、深い話に落ちていく。


魂を宿すようなオブジェもさらっと掛けてある。


ギャラリーの主人は服装品を出品。状態のよいマッキーノクルーザーも破格の値つけ。


リングモカシンが自分の足にぴったりでドキドキ。これも良心的すぎるプライス。近所でロングライフの佳いものが買える。そんな葉山一色の住民であることが誇らしい。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.


2017年12月11日月曜日

黄金町散歩


休みの日、都会に向かう交通手段はJRではなく、京急を選ぶようになった。車窓の風景、快適なシート、乗客の雰囲気、この私鉄には旅情を誘うゆるやかなムードがある。


乗り換えもJRとちがって、同じホームで可能なのも、楽ちん。


横浜・黄金町「ジャック&ベティー」で映画『人生フルーツ』を観るのが、この小さな旅の目的。映画好きな人たちの熱気が温かい。『ニューシネマパラダイス』に登場するシチリア島のプライベート・シアターみたいな雰囲気が好き。


映画を鑑賞後、黄金町をゆっくり歩く。





町の佇まい、味わいに魅せられ、何度も足を止めて見入る。なかなか前に進めない。そんな町はきっと佳い町だ。


妻が勧める洋食店が休憩に入っていたので、遅い昼食を食べにほかを探す。


大岡川と、架かる鉄橋の風情がたまらなくいい。なぜか強く惹かれる。かつて祖父がよく遊んでいたであろう場所。水辺好きだった祖父の記憶が風景と重なる。心に沁みる。


黄金町駅そばの喫茶店に入る。デヴィッド・ボウイがBGMの店内でナポリタンをいただく。おもいのほか旨く、店もとても居心地がよい。


休日の午後を喫茶店でおしゃべりしながら穏やかに過ごす。


冬の碧く澄んだ光が建物のだんだん下のほうへ移っていく。その情景がせつない。幅広い道路、緑豊かな丘、低い建物、広い空。横浜の町は東京とは異質の景色がある。ぼくはその特有の眺めをとても好ましく思う。横浜・南太田生まれ・育ちの祖父のDNAをたぶん継いでいるのかもしれない。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.




2017年12月10日日曜日

吹き硝子ランプシェイドをカスタム 後編


世田谷・尾山台「手しごと」を介して入手した太田 潤さんのランプシェイド。そのランプコードを鎌倉・二階堂「FIVE FROM THE FROUND」成塚さんにカスタムしてもらい、僕の家の土間で使えるようになった。自分のこと細かな希望に沿う特注品を何度か入手してきたけれど、このランプセットを迎え入れた夜は興奮でなかなか寝られないほど格別な悦びとなった。自分にとっての大きな夢をかなえた想いがする。


ダイニングテーブルを明るく照らしたかったので、きわめてほのかな照度のエジソンバルブ電球ではなく、まずはパナソニックの実用的なLED電球を選んだ。E17口金仕様。


ランプコードの長さは3m70cmと長めにした。シェイドの高さを自在に調整できるよう、家にあったイタリア製クライミング用滑車をかませた。


余ったコードを近所の船装店で求めたヨット部材に留め、レジンと陶器、木で構成されるスイッチを柱に固定。ビスもなるべく目立たないものを成塚さんに支給してもらった。このフランス製スイッチをON/OFFするときの「パチン!」と鳴る音、感触が懐かしく、そして最高に気持ちいい。日用品っぽいさりげない雰囲気も自分らしい。このスイッチを選んでよかった!


そして夢のランプを灯す。吹き硝子の泡が浮かびあがり、背後の漆喰壁に淡い緑を映す。毎日の食卓に手仕事の味わい、温かみある彩りがもたされ、劇的な空間に。朝晩、この光の下で過ごす時間が楽しい。太田潤さん、「手しごと」の山藤さん、久野民樹さん、「FIVE FROM THE GROUND」の成塚夫妻に深謝!

LEICA M-E , MACRO-ELMAR90mm f/4
SIGMA DP3 MERRILL 75mm f/2.8